38歳独身男性不動産業の割り切り日記

自分はラインを使うわりきり掲示板を使って女の子と割り切り関係に持ち込みます。
現在38歳ですが32~3歳といっても違和感の無い見た目をしているので、相手に合わせて年齢も適当に告げています。
とりあえず自分の場合は、女の子と会えるまでひたすらめげずにやり取りをして、通話まで持ち込みます。
少なくとも5人くらいは同時にやり取りしますね。
ゲットしやすい時間は都内からの終電がなくなる頃。

この間、わりきり掲示板に「終電行っちゃっいました(涙)朝までどなたか割り切りのおつきあいお願いします・・!」という女の子の書き込みを見つけたので、メッセージを送ってみたんです。
ラインIDを教えたら、即、その子から「どこにいますか?これから会えますか?本当に割り切りオッケーですか?」との連絡が。
おそらく他の男ともやり取りをしていたっぽいですが、自分が「割り切りok!車で迎えに行けますよ」とメッセージした途端、めちゃくちゃ食いつきが良くなったので、通話をして待ち合わせ場所を決めて、早々向かいました。

そこに待っていたのは、かなり可愛い20歳の女子大生。
自分は女の子のラインのアイコンが可愛くても期待しないんですが、マジこの子は美人でした。
とりあえず車に乗せてファミレスで軽く話から。
すでに彼女は合コン帰りでほろ酔い状態。
どうやら、先月彼氏と別れて毎晩寂しくて仕方が無いんだとか。
ほぼ毎日飲み歩いているというので、紳士的に「ちゃんと前を向いて頑張りなよ・・」などとアドバイスしてあげたらもうイチコロですぐに甘えて自分の手を握ってきました。

そのムードのまま車でラブホテルにチェックイン!
部屋に入ってから、しばらくはソファーでお酒を飲みながらイチャイチャしつつトークを楽しんで、彼女の洋服を脱がせていきました。
いくら割り切りの付き合いといっても、ムードもへったくれもなかったらお金がもったいないじゃないですか。
今回は自分も若返ったつもりで、ピュアな女子大生と疑似恋愛体験という感じで朝までじっくりと彼女をいただきました。

26歳独身OLの割り切り日記

私は男が好きだけど、ずっと一生一緒にいたいと思わない。
だって男のことは信用していないから。
男と女のどちらを信用するかと聞かれたならば、
迷わずに女と答える。
男はぶっ飛んでいる。
何を考えているのかわからない。
女のほうがまだわかりやすい。
だって女って、わかりやすいでしょ?
お腹がすけばヒステリックになるし。
悪巧みをするときなんてよくみれば口角がにやりって笑っているから。
まあ、今度女を観察してみてよ、面白いから。
割り切りでしか男と付き合わないのは
私のポリシーになりつつある。
お節介な人は、割り切りなんて関係を聞いたら嘆かわしいと思い、
勝手に私の過去を想像し、
かわいそうがって正義感に燃えて、
私のことを更生させようと努力してくれるかも知れない。
そんな的外れの親切心は迷惑でしかないけれど、
でも、私はそういう人が嫌いじゃない。
むしろ好きだ。だって、とても幸せだと思う。
人間を良いものだって信じているその姿勢は私にないものを持っている。
世の中には二種類の考え方を持っている人がいる。
それは人を性善説とみると、性悪説とみるかの違い。
性善説の考え方を持っている人は幸せだ。
羨ましいし憧れる。そういう人にはぜひとも、
この救いようのない魂を抱えて生きている私を助けてあげて欲しいって思う。
私は快く助けられてあげる。施しを受け入れてあげる。
割り切りで一夜を共にした男と朝を迎えると、
なんだか毎回ため息をつきたくなる。
朝日はすべてを照らし出す。

スケベな君と過ごした日記