クリトリス攻め

クリ調教の虜となった私のクリトリス攻めをしてくれる男性との出会い
クリトリス攻めなんだけどさ、不満があるのは、時間が短いってことなんだ。
なんか彼氏、勘違いしてるみたいなんだけど、女はヌルヌルの液体が出てきたら、もうすごい感じてて、挿入してOKって思っちゃってるみたい。
だから、クリトリス攻めの時間が短いんだよね。
まだもう少し気持ち良くさせて・・・って道半ばで挿入。
何度か体位変えて、焦らしたり、動きを止めたり、まぁ、工夫はしてるけど、それはそれで気持いいんだけど、クリトリス攻めがその分短い。
この間も、私の方がすでにヌルヌルの液体出てきちゃってるみたいで、ちょっとクリ触ったあとで「もう濡れてるね」ってそのまま挿入しようとするわけよ。
いや、その液体、そういう意味じゃないと思うんだけど!
さすがにその時は色っぽく視線送って、「まだダメ」なんて甘えた声で言ってみたら、私が焦らしてきてるのかと思ってたらしくて、フェラさせようとしてきて。
彼的にはこう思ってたんだと思う。
私はすでに濡れてて準備完了。早く入れてほしいと思っているに違いない!
なのに「まだダメ」とか言って焦らすのは、俺の強度に心配があるからだ!
じゃ、フェラしてもらおう!
そういう思考回路なんじゃないかと。
足りてないのは、そっちの強度じゃなくて、こっちの刺激。
濡れてるから感じてるって短絡的に考えるのは間違いだよね!
ビックンビックン感じさせるまで、クリがもじもじして体全体がじりじりしてくるまで愛撫しててほしい。
それからじゃないと挿入されても、感度が上がるまで時間がかかるんだよね。
お小遣いをもらう
パパ活